気になる金融ーキャッシングなどで即日融資を受けようー

家族の住宅ローン

住宅ローンの支払い途中で離婚すると

まずは住宅ローンの契約書と登記簿謄本を確認してください。住宅ローンの契約者は夫でしょうか。連帯保証人の欄に妻の名前は入っていますか。抵当権は住宅ローンの借入先1つだけでしょうか。今の家を出て行きます。それとも夫が出て行って妻が住み続けますか。上記の質問の答えによって離婚する際にどうすべきかが変わってきます。共通することは、離婚する場合、借入れ先に通知しなければならない点です。まずは妻が家を出ていく場合を説明します。契約者である夫が住み続ける場合は、借入れ先は現状のままで何ら変更を求めないでしょう。ただし妻が連帯保証人だった場合にはリスクもあります。離婚しても保証人を外れる訳ではないので、万が一夫がローンを滞納した場合には妻に支払い義務があります。

よく対策を考えてほしいのが妻が住み続ける場合

では夫が家を出て行って、妻が住み続ける場合を説明します。このパターンを希望される方が多いのですが、そう簡単な話ではありません。借入れ先に事情を説明すると、おそらく難色を示すでしょう。ローンの契約違反だと言われるかもしれません。これは契約者が居住することが前提で住宅ローンを組んだことを指摘しているのです。しかし契約違反だから嫌がっている訳ではありません。支払いが滞ることを恐れているのです。引き続き夫がローンを払うと約束していても、長期に渡るローンと新居の家賃を払い続けることは容易ではありません。妻に余程安定した収入があれば話は別です。離婚するまでにローンの残債を減らし、明るい材料を用意して交渉しましょう。もし妻が住み続けることが出来ても、連帯保証人になっている場合はリスクがあります。前述の通り、夫が支払い不能になれば妻に支払いが回ってきます。妻に支払い能力がなければ、やがて競売にかけられ退去させられます。抵当権が複数ついているなら要注意です。離婚を決める前に、住宅ローンをどうするかは夫婦で話し合っておきましょう。